会計システムには市販ソフトでも

企業規模の大きさにもよりますが、会計システムを市販のソフトで賄うことも可能です。


市販の会計システムはテレビや新聞での宣伝を見かけますが、どちらかと言うと個人事業主か個人商店のためと思う人が多いのではないでしょうか。

株式会社の会計システムに市販ソフトを採用することも可能です。

もちろん、財務諸表の作成はできますし、株主総会に提出する必要書類の作成も大丈夫だからです。
大きな規模の企業では不向きのような書き方になっていますが、市販のソフトは会計処理すること自体が目的のものですから、財務分析とか収益分析とか、インプットした数字から対策を立てるための分析を自動的にするプログラムは組み込まれていないケースが多いので、それまでは必要としないという意味で企業規模の大きさにもよるとしたわけです。注意点としては、税務署への申告とかの税務処理や、固定資産の減価償却などで複雑なことに対応するには、不向きなところもあるので、ここは専門家である公認会計士にお願いする方が間違いがないということです。もちろん、会計システムそのものも、仕分けとか消費税とか、積立金とか、内部留保との関係とかで、悩ましい点はあるので、市販の会計システムで済ますにも、できれば会計士のチェックを受ける仕組みを作っておく方が、より安心できます。最近では、個人経営の会計士で、市販ソフト会社と提携して面倒を見てくれるところもあり、企業の数値をオンラインで会計事務所で確認することもできるようになっていますので、ここまでやれば、何の心配もなくなります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%AA%8D%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%A3%AB
http://matome.naver.jp/odai/2136911617968541601
http://www.fukuokashihoushoshi.net/

札幌の税理士サイトが一番おすすめです。

奈良の税理士の情報を求める人におすすめのサイトです。

大阪で活動する税理士の珍しい情報をご紹介しています。

横浜の税理士の価値ある情報を探してみてください。

和歌山の税理士情報の公開中です。